【chromeOS】acer chromebook 14inch (CB3-431)購入しました。【chromebook】

【chromeOS】acer chromebook 14inch (CB3-431)購入しました。【chromebook】

ChormeOSとは?

googleのオープンソースのオペレーションソフトウェア。あれ?Androidとは違うの?と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、違います。

Androidがスマートフォンやタブレットといった小型から中型の端末に使われることが多いですが、ChromeOSはノートブック(ノートパソコン)を中心に使うことを目的として作られています。

AndroidとChromeOSをざっくりとわかりやすく説明するとAndroidからブラウザを介したインターネットでの作業に特化させたのがChromeOSと言った感じでしょうか。

日本には教育用として日本向けに少数作られ販売されているだけでそれ以外は輸入品を購入するということが多い、かなりマニアックなものになります。

ChromeOSの特徴として

  • 動作が軽い
  • 基本的にGoogleのサービスとブラウザ「google chrome」しか使えない
  • Google Playも使うことができて、一部Androidアプリケーションをしようすることもできる(対応してないものも多い)
  • ブラウザ「google chrome」の更新が自動で行われるようにOSアップデートやセキュリティ更新が自動する(ブラウザを更新を手動でやるように最新であるか確認しにいくこともでき、もし最新でなければそこで手動で更新することもできる)
  • デベロッパーモードを使うことによってAndroidアプリやLinuxの開発環境ができる(これについてはかなり専門的な使い方です。)
  • 動作が軽い、限界的な使用が主になるため、マシンスペックが低くてもサクサク動く。そのため安いモデルでも十分動く

などがあります。

セキュリティ対策がしやすい、インターネットなど比較的軽い作業などかなり限定的で目的がはっきりとしているため、上記でも説明しましたが教育現場などで活躍が期待されています。

特徴としてあげた中でGoogleのサービスやブラウザ「chrome」を介しての作業を行うのを目的として作られたOSであるため、インターネット環境が整っていない環境ではほとんどの機能が使えなくなってしまうというデメリットがあります。

私がなぜWindowsやMacのノートPCにせずにChromeBookにしたかというともうほぼ上記で書きましたが、セキュリティ管理やOS更新の手間や、使用目的がブラウザを使ってやること(ブログを書いたり、Youtubeなどの動画サイトで動画を見たりなど)と明確であることや、日本で広まっていないOSゆえにブログを書いて広めたいと思ったからです。

acer Chromebook 14inch FHDdisplay(CB3-431)のスペック

  • CPU:Intel Celeron N3160 クアッドコア1.6Ghz
  • display:14inch FHD(1980✕1080)IPS 16:9
  • Storage:32GB SSD
  • RAM:4GB DDR3
  • WifiはIEEE 801.11acまで対応
  • 映像通話で使うマイクとHDカメラも内蔵
  • Bluetooth 4.2に対応
  • インターフェイスはHDMIが1つ、USB3.0が2つ、3.5mm4極オーディオジャックが1つ、ACアダプターの穴が1つ

※米アマゾンのリファービッシュ品を購入しました。調べてみると2016年のモデルらしいです。

販売ページ(注:米アマゾン)

安くてFHDでIEEE801.11ac対応でいいかなと思い、型落ちですがこのモデルにしました。(商品ページに型番書いてなくてかなり焦りましたが)

入門としてはこれぐらいのモデルを選べばいいと思います。最近ではcore i3などを積んだ性能がよく、お高いモデル(と言ってもWindowsと比べると安いですが)もありますが、ChromeOSでそこまで性能を使うのも稀だと思うので、2、3万円ぐらいのモデルをいいと思います。(ただ、値段が上がるとタッチパネルだったりと利便性が上がるモデルもあります。)

付属品として、ACアダプター、マウス、持ち運びに便利な袋がついてます。ACアダプターについては100Vに対応してるので日本での使用に関しては問題ないです(もちろん200Vも大丈夫です)

ヨーロッパのCE、アメリカのFCC、日本の技適にも合格しています
輸入品なのでUSキーボードです
SSDだからかもしれませんが10秒ほどで起動します

OSの初期設定時に日本語も選べるので、輸入品を購入しても大丈夫です

まとめ

インターネットを使った音楽や本、動画などの使いたい放題の月額サービスも多くなってきています。そういったものを楽しむだけであればWindowsは必要ではないのです。ただし、プリンターなどUSBを介して使う機器に関してはドライバーが対応できない、インストールができないといったことがあるので気をつけてください。

PCwatch様の記事になりますが、ASUSから日本向けの新製品が出るそうです。タッチパネルやタッチペンにも対応してるモデルもありますので、興味がありましたらぜひ